英文法大全/英語学習




名詞・冠詞代名詞形容詞・副詞比較動詞助動詞準動詞
時制・話法関係詞前置詞・接続詞・間投詞文の転換・語順英文和訳・和文英訳の要点



Google

文の構成
語(8品詞)、区と節
主要文型
文の種類
名詞・冠詞
名詞
冠詞
代名詞
人称代名詞の用法
指示代名詞の用法
不定代名詞の用法
疑問代名詞〔形容詞・副詞〕の用法
形容詞・副詞
形容詞
副詞
比較
比較
動詞
動詞の種類と活用
動詞の時制
助動詞
助動詞の種類と特徴
助動詞の用法
準動詞
不定詞の用法
分詞の用法
分詞構文
動名詞の用法
受動態の形式
受動態の意味と用法
命令法
仮定法
時制の一致と話法
時制の一致
話法
関係詞
関係代名詞の用法
関係形容詞・関係副詞の用法
複合関係詞
前置詞・接続詞・
間投詞
前置詞
接続詞
間投詞
文の転換・語順
文の転換
語順
英文和訳・和文英訳の要点
英文和訳の要点
和文英訳の要点

HOME > 文の転換・語順 > 【第35章 語順】 35-4 挿入構文

 
第35章 語順
  35-1 平叙文における定型の倒置   35-2 倒置によらない強調構   35-3 省略構文   35-4 挿入構文
 


35-4 挿入構文


文の途中あるいは文尾に、説明や注釈を加えるため各種の語句や節が挿入されることがあります。そう入語句は前後をコンマで区切ることが多く、また、かっこやダッシュで区切られることもあります。

(1)
語の挿入 ―― 文修飾の副詞や接続詞的な副詞が置かれます。
It was, indeed, a tragic accident. (それは本当に悲劇的な事件であった)
We knew, however, that he would fail.
 (とはいえ、我々には彼が失敗するだろうことはわかっていた)

(2)
句の挿入 ―― 名詞句または文修飾の副詞句がよく用いられます。
Mr. Y, the president of our company, seeks advice from you about it.
 (わが社の社長Y氏がそのことについてあなたにアドバイスを求めています)
We (the staff and I) are coming over to see you tomorrow (Friday).
 (わたしたち − 職員と私 − はあす(金曜日)おじゃまにあがります)
Our plan was, after all, a failure .(我々の計画は、結局失敗だった)
There is nothing (except the salary) that attracts me to my present occupation.
 (私は現在の仕事には全く魅力を感じていない − 俸給だけは別だが)
There are those − among them Einstein − who think that the result may be the extinction of all life on our planet.
 ( その結果、地球上の生物がすべて死滅することになるだろうと考える人々 − アインシュタインもそのひとりだが − がいる)

(3)
節の挿入
It was necessary to ask his supervisor’s advice, he thought.
 (=He thought that it was necessary to ask his supervisor’s advice.)
 (上司に相談する必要があると彼は考えた)
This, it seems, is your reason for going overseas.
 (=It seems that this is your reason for going overseas.)
 (これが君の海外渡航の理由らしいですね)
Human societies (there are some shining exceptions) have generally been opposed to freedom of thought.
 ( 人間社会は − 輝かしい例外も若干あるにせよ − 大体において思想の自由には反対の立場をとってきた)


このページのTOPへ
BEFORE NEXT













[  利用規約と免責事項著作権プライバシーポリシー会社案内リンク方法お問合わせHOME  ]

メディア総合研究所
Media Research Inc.,. All rights reserved.
All other trademarks are the sole property of their respective owners.
No reproduction or republication without written permission.
本ホームページに記載の文章、画像、写真などを無断で複製することは法律で禁じられています