英文法大全/英語学習




名詞・冠詞代名詞形容詞・副詞比較動詞助動詞準動詞
時制・話法関係詞前置詞・接続詞・間投詞文の転換・語順英文和訳・和文英訳の要点



Google

文の構成
語(8品詞)、区と節
主要文型
文の種類
名詞・冠詞
名詞
冠詞
代名詞
人称代名詞の用法
指示代名詞の用法
不定代名詞の用法
疑問代名詞〔形容詞・副詞〕の用法
形容詞・副詞
形容詞
副詞
比較
比較
動詞
動詞の種類と活用
動詞の時制
助動詞
助動詞の種類と特徴
助動詞の用法
準動詞
不定詞の用法
分詞の用法
分詞構文
動名詞の用法
受動態の形式
受動態の意味と用法
命令法
仮定法
時制の一致と話法
時制の一致
話法
関係詞
関係代名詞の用法
関係形容詞・関係副詞の用法
複合関係詞
前置詞・接続詞・
間投詞
前置詞
接続詞
間投詞
文の転換・語順
文の転換
語順
英文和訳・和文英訳の要点
英文和訳の要点
和文英訳の要点

HOME > > 【第25章 仮定法】 25-1 仮定法現在の用法

 
第25章 仮定法
  25-1 仮定法現在の用法   25-2 仮定法過去の用法   25-3 仮定法過去完了の用法   25-4 仮定法未来の用法   25-5 仮定法未来の用法
 


仮定法とは、あることがらを事実としてではなく、想像・願望・疑いなどの立場から述べる言い方で、現在・過去・過去完了・未来の4種があります。

25-1 仮定法現在の用法


現在・未来についての仮定・想像を表し、動詞は原形を用います。

(1)
仮定または不確実な想像を表す場合
かつては原形を用いましたが、現代口語ではこの場合、直説法現在形を用いるのがふつうです。
I wonder if it is true. (それは本当かしら)
If he knows about it, he will tell you.
 (彼はそのことがわかればあなたに知らせるだろう)

(2)
要求・提案・依頼・希望などを表す場合
ask、demand、request、desire、propose、suggest、require、insist、urge、move(動議を出す)などの動詞の目的語となるthat節の中でよく用いられます。なおこの場合、主節の時制が過去であってもthat節の動詞は原形にします(時制の一致はない)。
We desire that he visit us more often.
 (私達は彼がもっと頻繁に訪ねてきてくれたらと思う)
It is requested that the papers be made ready within a few days.
 (書類は2・3日以内に用意されたい)
They proposed that the laboratory be built.
 (彼らは実験室の建設を提案した)
[注]
提案などを表す場合、イギリス英語ではしばしばshall、shouldなどの助動詞をつけ加えます。
The doctor suggested that the child (should) be sent to the hospital.
 (医者はその子を病院に送るようにと言った)

(3)
願望・祈願などを表す場合
これには伝統的な言い方が多く、一種の慣用表現となっています。
Long live the President! (大統領万歳)
なお文頭にmayをつけることがよくあります。
May you succeed! (ご成功を祈る)
May she return safe and sound! (彼女が無事に帰ってきますように)


このページのTOPへ
BEFORE NEXT













[  利用規約と免責事項著作権プライバシーポリシー会社案内リンク方法お問合わせHOME  ]

メディア総合研究所
Media Research Inc.,. All rights reserved.
All other trademarks are the sole property of their respective owners.
No reproduction or republication without written permission.
本ホームページに記載の文章、画像、写真などを無断で複製することは法律で禁じられています