英文法大全/英語学習




名詞・冠詞代名詞形容詞・副詞比較動詞助動詞準動詞
時制・話法関係詞前置詞・接続詞・間投詞文の転換・語順英文和訳・和文英訳の要点



Google

文の構成
語(8品詞)、区と節
主要文型
文の種類
名詞・冠詞
名詞
冠詞
代名詞
人称代名詞の用法
指示代名詞の用法
不定代名詞の用法
疑問代名詞〔形容詞・副詞〕の用法
形容詞・副詞
形容詞
副詞
比較
比較
動詞
動詞の種類と活用
動詞の時制
助動詞
助動詞の種類と特徴
助動詞の用法
準動詞
不定詞の用法
分詞の用法
分詞構文
動名詞の用法
受動態の形式
受動態の意味と用法
命令法
仮定法
時制の一致と話法
時制の一致
話法
関係詞
関係代名詞の用法
関係形容詞・関係副詞の用法
複合関係詞
前置詞・接続詞・
間投詞
前置詞
接続詞
間投詞
文の転換・語順
文の転換
語順
英文和訳・和文英訳の要点
英文和訳の要点
和文英訳の要点

HOME > 文の転換・語順 > 【第35章 語順】 35-3 省略構文

 
第35章 語順
  35-1 平叙文における定型の倒置   35-2 倒置によらない強調構   35-3 省略構文   35-4 挿入構文
 


35-3 省略構文


一般に英語は簡潔を好み、前後関係から文意が容易に理解できるときには、文の一部を省略することが珍しくありません。とくに共通の要素が入っている場合にはこの傾向が強いと言えます。

(1)
主語の省略
(a)
命令文
(You) Come in, please. (どうぞお入りください)
(You) Never say die. (弱音をはくな)
(b)
日常的なあいさつや慣用表現
( I ) Thank you. / (I wish you may have a) Good morning.
( I ) Beg your pardon.
   (・・・ 申し訳ありません、もう一度言ってください)
   (・・・ ごめんなさい、失礼しました)
(I will) See you again tomorrow. (あすまた会いましょう)
(c)
日記文やはがき文の1人称主語
( I ) Got up at six. (6時起床)
( We ) Came here this morning. (けさ当地へ到着)

(2)
補語の省略
“Is it hot enough?” “It is (hot enough).”
 (「湯かげんはいいですか」「けっこうです」)
We thought he was guilty, but later we found that he was not (guilty).
 (我々は彼が有罪だと思っていたが、後になってそうではないことがわかった)

(3)
動詞(含不定詞)の省略
“(Are) You busy?” “(I am) Not really.” (「忙しいの」「そうでもないけど」)
He is much more loyal to the company than we (are).
 (彼は我々よりもずっと会社に忠実だからね)
I must go, if you tell me to (go).
 (君が行けというなら、行かねばならない)
He told John to come at ten and Bill (to come) at noon.
 (彼はジョンには10時に、ビルには正午に来るように言った)
Hence (comes) the rise in the population of New York.
 (それでニューヨークの人口が増えることになる)

(4)
主語と動詞(含 ‘There is’)の省略
“Is he a good management consultant?” “I think (he is) not.”
 ( 「彼はすぐれた経営コンサルタントなのかね」「どうでしょうかね〔そうは思わないけれど〕」)
What a great man (he is)! (なんと偉い人だろう)
(It is) No wonder (that) he has succeeded. (彼が成功してもふしぎではない)
We get the whole staff together to make arrangements whenever (it is) possible. (できる限り打合せには全員が集まるようにしている)
When (he was) young, he was a hard worker. (若い頃は彼は働き者であった)
I did it better than (I had done) before. (私は前よりももっとうまくそれをやった)
“(There is) No need to pay,” he said.
 (「金を払う必要はありません」と彼は言った)

(5)
仮定法の主節の省略
Ah, if only I had been there (I would have done it differently).
 (ああ、私がそこにいさえしたら(違ったようにしたのに)なあ)

(6)
関係詞・接続詞の省略
The man (thatwhom〕) I met yesterday is Mr. X.
 (私がきのう会った人はX氏である)
Tell me the reason (why) you were absent.
 (休んだ理由を聞かせてください)
He often complains (that) Japanese is difficult because there are so many ways to say the same thing.
 ( 日本語は同じことを言うのにもいろいろあってむずかしい、と彼はしょっちゅうこぼしている)
〔関係代名詞〕

〔関係副詞〕

〔接続詞〕

(7)
ことわざ・格言・掲示・電報文などにおける省略
(If a man is) Out of sight, (he will go) out of mind. (去る者は日々にうとし)
Spare the rod, and (you will) spoil the child. (むちを惜しめば子供をだめにする)
(It is) Better (to be) late (in doing it) than never (to do it ).
 (遅くともしないよりはまし)
(There must be) No smoking〔parking〕. (禁煙〔駐車禁止〕)
(There is) No entry. (通行止)
(This is) For sale. (売りもの)
(This way is the) Way out. (出口)
(You must) Watch your step. (足元にご注意)
(Keep your) Hands off. (手を触れるべからず)
(Don’t touch the) Wet paint. (ペンキ塗りたて)
FATHER SERIOUSLY ILL COME IMMEDIATELY.
 ( =Father has fallen seriously ill. Come immediately.「父危篤すぐ来たれ」)
RETURN TO TOKYO DELAYED DETAILS FOLLOW.
 ( My return to Tokyo will be delayed. Details will follow by letter.「帰京延びる、委細ふみ」)

(8)
その他の場合における省略
以上述べたほか、名詞の所有格の次の語、分詞構文におけるbeingなどはしばしば省略されます。
I spent my holidays at my uncle’s (house).
 (私は休暇をおじの家ですごした)
St. Paul’s (Cathedral) is one of the principal sights of London.
 (セントポール寺院はロンドンの名所の一つである)
(Being) Sick in bed, he can’t see you.
 (病気なので、彼はあなたにお目にかかれません)
(Being) Surrounded by the sea, Japan has a mild climate.
 (海に囲まれているので日本の気候は温暖である)


このページのTOPへ
BEFORE NEXT













[  利用規約と免責事項著作権プライバシーポリシー会社案内リンク方法お問合わせHOME  ]

メディア総合研究所
Media Research Inc.,. All rights reserved.
All other trademarks are the sole property of their respective owners.
No reproduction or republication without written permission.
本ホームページに記載の文章、画像、写真などを無断で複製することは法律で禁じられています