英文法大全/英語学習




名詞・冠詞代名詞形容詞・副詞比較動詞助動詞準動詞
時制・話法関係詞前置詞・接続詞・間投詞文の転換・語順英文和訳・和文英訳の要点



Google

文の構成
語(8品詞)、区と節
主要文型
文の種類
名詞・冠詞
名詞
冠詞
代名詞
人称代名詞の用法
指示代名詞の用法
不定代名詞の用法
疑問代名詞〔形容詞・副詞〕の用法
形容詞・副詞
形容詞
副詞
比較
比較
動詞
動詞の種類と活用
動詞の時制
助動詞
助動詞の種類と特徴
助動詞の用法
準動詞
不定詞の用法
分詞の用法
分詞構文
動名詞の用法
受動態の形式
受動態の意味と用法
命令法
仮定法
時制の一致と話法
時制の一致
話法
関係詞
関係代名詞の用法
関係形容詞・関係副詞の用法
複合関係詞
前置詞・接続詞・
間投詞
前置詞
接続詞
間投詞
文の転換・語順
文の転換
語順
英文和訳・和文英訳の要点
英文和訳の要点
和文英訳の要点

HOME > > 【第25章 仮定法】 25-4 仮定法未来の用法

 
第25章 仮定法
  25-1 仮定法現在の用法   25-2 仮定法過去の用法   25-3 仮定法過去完了の用法   25-4 仮定法未来の用法   25-5 仮定法未来の用法
 


25-4 仮定法未来の用法


現在・未来において容易に起こりそうもないことを述べる場合で、仮定法現在よりもさらに強い仮想を表します。

(1)
「If 主語 + should 動詞の原形・・・」
「万一、ひょっとして・・・」の意味で、主語の意志とは無関係に未来の可能性の乏しいことを表します。帰結節には「would(should、might)+ 原形動詞」のほか直説法・命令法も用いられます。
What wouldwill〕you tell him, if he should come?
 (万一彼が来たら、君は何を言うつもりだ)
If you should meet him, tell him to write to me.
 (万一彼に会ったら、私に手紙をくれるよう言ってください)

(2)
「If 主語 + would 動詞の原形・・・」
これは主語の意志を表す場合で、帰結節の動詞は上の(1)と同じくどんな形式でも用いることができます。
If you would join in our party, we shouldshallbe most delighted.
  ( もしあなたが私達のパーティーにおいでくださるなら、これ以上の喜びはありません)
If he would not pay the money, you should have called the police.
  ( もし彼がその金を払おうとしなかったら、あなたは警察を呼んでいたんでしょう)

(3)
「If 主語 + were to 動詞の原形・・・」
上記(1)(2)よりさらに現実性が乏しく、とうていありそうに思われない仮定を表します。帰結節には「would〔should、might〕+ 原形動詞」を用います。
If anything were to happen to him, the family would have no source of income.
 (彼の身に何か起こるなら、家族は収入源がなくなるだろう)
[注]
このwereは口語では主語に応じてwasを用いることがあります。ただし接続詞を用いない倒置文や後述の「特殊構文」においてはwereを用います。
If this collection was to be sold, it would fetch a lot of money.
 (この収集を売ればたいした金になるのだが)
Were he to see you (=If he were to see you), he would be surprised.
 (彼は君に会うようなことになったら、びっくりすることだろうに)


このページのTOPへ
BEFORE NEXT













[  利用規約と免責事項著作権プライバシーポリシー会社案内リンク方法お問合わせHOME  ]

メディア総合研究所
Media Research Inc.,. All rights reserved.
All other trademarks are the sole property of their respective owners.
No reproduction or republication without written permission.
本ホームページに記載の文章、画像、写真などを無断で複製することは法律で禁じられています