英文法大全/英語学習




名詞・冠詞代名詞形容詞・副詞比較動詞助動詞準動詞
時制・話法関係詞前置詞・接続詞・間投詞文の転換・語順英文和訳・和文英訳の要点



Google

文の構成
語(8品詞)、区と節
主要文型
文の種類
名詞・冠詞
名詞
冠詞
代名詞
人称代名詞の用法
指示代名詞の用法
不定代名詞の用法
疑問代名詞〔形容詞・副詞〕の用法
形容詞・副詞
形容詞
副詞
比較
比較
動詞
動詞の種類と活用
動詞の時制
助動詞
助動詞の種類と特徴
助動詞の用法
準動詞
不定詞の用法
分詞の用法
分詞構文
動名詞の用法
受動態の形式
受動態の意味と用法
命令法
仮定法
時制の一致と話法
時制の一致
話法
関係詞
関係代名詞の用法
関係形容詞・関係副詞の用法
複合関係詞
前置詞・接続詞・
間投詞
前置詞
接続詞
間投詞
文の転換・語順
文の転換
語順
英文和訳・和文英訳の要点
英文和訳の要点
和文英訳の要点

HOME > > 【第23章 受動態の意味と用法】 23-2 by以外の前置詞を用いた受動態

 
第23章 受動態の意味と用法
  23-1 受動態の表す意味   23-2 by以外の前置詞を用いた受動態   23-3 受動態・能動態の実際的使い分け   23-4 「have+目的語+過去分詞」の形による受動態
 


23-2 by以外の前置詞を用いた受動態


受動態の文において、動作主をとくに明らかにする必要がない場合にはby〜を省略することは前に述べましたが、動詞によってはby以外の前置詞がしばしば慣用的に用いられます。これは動作主というよりは、手段・材料や原因・理由などを表すことが多く、副詞的な要素が強いと言ってよいでしょう。
He was threatened by the robber. (彼は強盗におどされた ―― 行為者)
He was threatened with a knife. (彼はナイフでおどされた ―― 道具)
The cloth is woven of the finest silk by experienced weavers withon〕hand looms in China.
  ( この布地は、中国で〔場所〕、熟練した織工が〔動作主〕、最良質の生糸を用い〔材料〕、手ばたで〔道具〕織ったものである)


(a)
一般例
He is known to everybody as the richest person in town.
 (彼は町一番の金持ちとしてみんなに知られている)
〔比較〕A man is known by the company he keeps.
      (人はその交わる友をみればわかるものだ − ことわざ)
A newspaper is made of paper.
 (新聞は紙で作られる − 材料〔原状・原質が残っている〕)
Paper is made from wood, rags, and other things.
 (紙は木材やぼろ、その他のもので作られる − 原料〔変質〕)
He was taken ill from eating too much.
 (彼は食べすぎがもとで病気になった)
The picture was painted in oils.
 (その絵は油絵具で描かれていた)
He is engaged in the study of computers.
 (彼はコンピュータの研究に従事している)
The exchange rates are listed daily in the newspaper.
 (為替相場は毎日、新聞に載っている)
All the goods in the warehouse were covered with dust.
 (倉庫の中の品物はみんなほこりにまみれていた)
(b)
とくに感情を表す動詞の例
I was surprised at his rudeness. (彼の無作法にはおどろいた)
He was delighted at the very idea of having a vacation.
 (彼は休暇がとれると思っただけでうれしくなった)
She is very interested in the traditional arts of Japan.
 (彼女は日本の伝統芸能に大変関心がある)
He is absorbed in extending his business connections.
 (彼は得意先を広めることに夢中になっている)
We were very pleased with our new car.
 (私たちは新しい車がとても気に入った)
Are you satisfied with your position?
 (あなたは自分の地位に満足していますか)
[注]
日本語では「おどろく」「よろこぶ」「関心がある」「熱中する」「満足する」のように能動表現をとるのに対し、英語では上の例のように受動表現をとるのが普通です。


このページのTOPへ
BEFORE NEXT













[  利用規約と免責事項著作権プライバシーポリシー会社案内リンク方法お問合わせHOME  ]

メディア総合研究所
Media Research Inc.,. All rights reserved.
All other trademarks are the sole property of their respective owners.
No reproduction or republication without written permission.
本ホームページに記載の文章、画像、写真などを無断で複製することは法律で禁じられています