英文法大全/英語学習




名詞・冠詞代名詞形容詞・副詞比較動詞助動詞準動詞
時制・話法関係詞前置詞・接続詞・間投詞文の転換・語順英文和訳・和文英訳の要点



Google

文の構成
語(8品詞)、区と節
主要文型
文の種類
名詞・冠詞
名詞
冠詞
代名詞
人称代名詞の用法
指示代名詞の用法
不定代名詞の用法
疑問代名詞〔形容詞・副詞〕の用法
形容詞・副詞
形容詞
副詞
比較
比較
動詞
動詞の種類と活用
動詞の時制
助動詞
助動詞の種類と特徴
助動詞の用法
準動詞
不定詞の用法
分詞の用法
分詞構文
動名詞の用法
受動態の形式
受動態の意味と用法
命令法
仮定法
時制の一致と話法
時制の一致
話法
関係詞
関係代名詞の用法
関係形容詞・関係副詞の用法
複合関係詞
前置詞・接続詞・
間投詞
前置詞
接続詞
間投詞
文の転換・語順
文の転換
語順
英文和訳・和文英訳の要点
英文和訳の要点
和文英訳の要点

HOME > 助動詞 > 【第17章 助動詞の用法】 17-3 do、does、did

 
第17章 助動詞の用法
  17-1 be   17-2 have、had   17-3 do、does、did   17-4 should、would   17-5 can、could   17-6 may、might   17-7 must   17-8 ought to   17-9 need   17-10 dare   17-11 used to
 


17-3 do、does、did


do、does、didは否定文・疑問文・強調文などをつくるときに用いられます。なお3人称単数現在形ではdoes、過去時制の文ではdidを用います。

(1)
疑問文において
Do you make market surveys all the time?
 (市場調査は絶えずなさいますか)
Does your company use computers?
 (おたくの会社ではコンピュータを採り入れていますか)
Did you have a good time at the party?
 (そのパーティは楽しかったですか)
[注1]
ふつう動詞がbe、haveのときは、疑問文においてdoは用いず、これらの動詞を主語の前に置きかえます。
Are you free on Sunday afternoon?
 (日曜日の午後はおひまですか)
Have you (got) anyone to translate this into Japanese?
 (これを日本語に訳せる人がおありですか)
[注2]
ただしhaveについては、「所有する」という意味ではなく、eat、drink、get、receive、experience、take、play、showなどの意味で用いられるときはdoを用います。
なおアメリカ英語では、完了時制は除き、「所有」を表す場合でも一般動詞扱いでdoを用います。
How many shares〔stocks〕do you have in the steel company?
 (あなたはあの製鋼会社の株をどれだけ持っていますか)
[注3]
疑問詞を主語とする疑問文では、とくに動詞を強調したいとき以外はdoを用いません。
How many people signed the petition?
 (その嘆願書に署名した人は何人ですか)
Who came to see you yesterday?
 (だれかきのう君に会いに来たのかね ―― 会いに来たのは誰ですか)
―― 強調:Who did come to see you yesterday?
 (きのう君に会いに来たのはいったい誰だ)

(2)
否定文において
I don’t agree with you on that question.
 (その問題に関しては私はあなたに賛成しない)
Don’t miss a single customer. (一人の客も逃してはならない)
[注1]
beはふつうの否定文ではdoは用いませんが、否定の命令文ではdoを用います。
I am not afraid of mistakes. (私は失敗をおそれない)
Don’t be afraid of mistakes. (失敗をおそれるな)
[注2]
haveは疑問文の場合と同様に、今日のアメリカ英語では一般動詞扱いでdo〔does、did〕notをつけます。
Our company doesn’t have any branches in this district.
 (わが社はこの地区には支店は全くない)

(3)
強調文において
とくに動詞を強調したいときには、動詞の原形の前に強勢のついたdo〔does、did〕をおくことがあります。
I sympathize with you. (心からきみに同情する)
be careful in business! (仕事は念を入れてやりなさい)

(4)
倒置構文において
副詞(句)が強調されて文頭に出るときは、do〔does、did〕を主語の前に置くことがあります。
Never did I see such a gorgeous flower.
 (こんな豪華な花を私は見たことがない)
I don’t know him. Nor do I want to.
 (私は彼を知らない、また知りたくもない)

(5)
代動詞として
動詞の反復をさけるためにdo〔does、did〕を代用することがあります。これを代動詞と呼びますが、働きからいえば助動詞というより本動詞と言ったほうがよいかもしれません。
You speak English better than he does (=speaks English).
 (あなたは彼よりもじょうずに英語を話す)
If you want to tell him, do it (=tell him).
 (彼に言いたければ言いなさい)
Did you see him? − Yes, I did (=saw him).
 (彼に会ったの − はい、会いました)
[注]
応答語句として「わたしもそうです」の意味でSo do I. の言い方があります。否定文ではNor〔Neither〕do I. が用いられます。
“I wish we knew more of what’s going on.” “So do I.
 (「どうなっているのかもっと知りたいものだ」「私もそうです」)
“I didn’t see him.” “NorNeitherdid I.
 (「ぼくは彼に会わなかった」「私も会いませんでした」)
ただし驚きや賛意を表すときは「So+主語+do」の語順になります。
“He works hard.”(「彼はよく働くね」)
So〔Yes〕he does.”(「ほんとに全く」)
So do I.”(「ぼくだってそうですよ」)


このページのTOPへ
BEFORE NEXT













[  利用規約と免責事項著作権プライバシーポリシー会社案内リンク方法お問合わせHOME  ]

メディア総合研究所
Media Research Inc.,. All rights reserved.
All other trademarks are the sole property of their respective owners.
No reproduction or republication without written permission.
本ホームページに記載の文章、画像、写真などを無断で複製することは法律で禁じられています