英文法大全/英語学習




名詞・冠詞代名詞形容詞・副詞比較動詞助動詞準動詞
時制・話法関係詞前置詞・接続詞・間投詞文の転換・語順英文和訳・和文英訳の要点



Google

文の構成
語(8品詞)、区と節
主要文型
文の種類
名詞・冠詞
名詞
冠詞
代名詞
人称代名詞の用法
指示代名詞の用法
不定代名詞の用法
疑問代名詞〔形容詞・副詞〕の用法
形容詞・副詞
形容詞
副詞
比較
比較
動詞
動詞の種類と活用
動詞の時制
助動詞
助動詞の種類と特徴
助動詞の用法
準動詞
不定詞の用法
分詞の用法
分詞構文
動名詞の用法
受動態の形式
受動態の意味と用法
命令法
仮定法
時制の一致と話法
時制の一致
話法
関係詞
関係代名詞の用法
関係形容詞・関係副詞の用法
複合関係詞
前置詞・接続詞・
間投詞
前置詞
接続詞
間投詞
文の転換・語順
文の転換
語順
英文和訳・和文英訳の要点
英文和訳の要点
和文英訳の要点

HOME > 代名詞 > 【第9章 不定代名詞の用法】 9-5 eachとevery

 
第9章 不定代名詞の用法
  9-1 one   9-2 one   9-3 someとany   9-4 otherとanother   9-5 eachとevery   9-6 bothとall   9-7 eitherとneither
 


9-5 eachとevery


eachは2つまたは2つ以上のものについて、個別的に「おのおの」、「それぞれ」の意味を表し、単独にも、名詞の前にも用いられます。
everyは3つ以上のものについて、個別的に「どれもこれも」の意味を表すだけでなく、総括的に「残らずみんな」という意味を表し、必ず次に名詞を伴って用いられます。
eachとeveryもともに通常単数として扱われます。

(1) eachの用法
代名詞のほか形容詞としても用いられます。
Each of us earns ten dollars.
(=We each earn ten dollars.またはWe earn ten dollars each.)
 (私たちはめいめい10ドルずつもうける)
Each room is furnished with a table and chairs.
 (各部屋にテーブルと椅子がついている)

(2) everyの用法
形容詞としての用法しかなく、単数名詞の前のほか、数詞の前にも用いられます。
Every woman in this section is married.
 (この課の女性はみんな結婚している)
There are buses to the station every ten minutes.
 (10分ごとに駅に行くバスがあります)
このほかeveryは「every+否定語」の形で、「ことごとく〜とはかぎらない」という意味の部分否定を表すことがあります。
Everybody cannot succeed in the world.
 (だれもがこの世で成功するわけではない)
I have not read every book on that shelf.
 (棚の本をみんな読んだわけではありません)
[注]
部分否定にはeveryのほか、some、all、both、always、necessarilyに否定語notがつく例があります。
部分否定を完全否定にするにはふつうnobody、no one、none、nothing、never、not・・・any〜、not at allなどを利用します。
I am not acquainted with everybody in the office.
 (事務所のだれもかれもみんな知っているわけではない
〔部分否定〕
I am not acquainted with anybody in the office.
 (事務所のだれも知らない)
〔完全否定〕

(3) everyとallのちがい
everyとallは日本語になおすと「すべての」といって、同じような意味に解されますが、英語ではallは始めから全体をひとまとめにして述べる場合に用いられ、everyはひとつひとつを念頭においた上で総合的に述べる場合に用いられます。そうした意味でeveryはallよりも強意的だと言えます。なおeveryは単数名詞につけ、allは特別な場合を除いて複数名詞につくことも注意を要する点です。
Every member was present. (出席しないメンバーは1人もいなかった)
All (the) members were present. (全メンバーが出席した)

(4) everyとanyのちがい
every が総合的な言い方なのに対して、anyは「どれでも1つ」という分析的な色合いが強く、また状態を表す動詞にはeveryを、動作を表す動詞にはanyを伴う傾向があります。
He knows everything. (彼はなんでも知っている)
He can teach anything. (彼はなんでも教えられる)


このページのTOPへ
BEFORE NEXT













[  利用規約と免責事項著作権プライバシーポリシー会社案内リンク方法お問合わせHOME  ]

メディア総合研究所
Media Research Inc.,. All rights reserved.
All other trademarks are the sole property of their respective owners.
No reproduction or republication without written permission.
本ホームページに記載の文章、画像、写真などを無断で複製することは法律で禁じられています